労災・交通事故|原田整骨院

交通事故

労災・交通事故

交通事故、通勤・仕事中
ケガの場合

健康保険は使えませんが

自賠責保険・労災保険

自己負担なしで受けられます。







交通事故2.GIF

【交通事故の場合】
まず警察に連絡してください。 被害者・加害者認定ができずに後々トラブルになるケースがあります。次に医師の診断を受けて、交通事故の診断書を発行してもらってください。救急車で搬送された場合は、運ばれた病院で診断書を発行してもらってください。
 人身事故の場合、診断書を警察に提出しますので必ずコピ-しておいてください。
 最後に自賠責保険・任意保険会社に連絡を取って当院へ通院する意志をお伝えください。
 その際には、必ず担当者さんに、当院へ連絡していただけるようお伝えください。
 少しでも痛みや違和感がありましたら。早めの受診をお勧めします。2~10日後に痛みを訴えらますと交通事故との因果関係を認めにくくなってしまいトラブルの原因になることがあります。
 交通事故の慰謝料は原則的に医療機関に入院・通院して初めて発生しますので、痛みがひどいので自宅で休んでいる場合・健康保険のきかない整体、カイロ院に通っている場合、慰謝料は発生しませんので注意してください。


労災
【通勤・仕事中のケガの場合】
通勤の途中・仕事中のケガは、労災になりますので事前に勤務先で労災認定をして頂ければ、自己負担金はありません。通勤途中で階段などで足首をひねった場合や仕事場で荷物を持ったときに腰を痛めた場合などがこれに該当します。
※労災保険を適用した為に、会社に労働基準監督署からペナルティが科せられることはありませんので、安心して労災保険をお使い下さい。